PR

地方 地方

扇形機関車庫が鉄道記念物に 転車台も格上げ指定 津山まなびの鉄道館で記念式典 岡山

「鉄道記念物」指定のプレートを除幕する関係者ら=岡山県津山市
Messenger

 岡山県津山市大谷の複合鉄道学習施設「津山まなびの鉄道館」で展示保存、活用されている「旧津山扇形機関車庫と転車台」が、これまでの登録鉄道文化財から鉄道記念物に格上げ指定されるのを前に、同施設で記念式典が開かれた。指定日は「鉄道の日」の14日。全国43件目、中国地方では初の指定となる。

 鉄道記念物は、日本の鉄道文化遺産の保存活動を狙いに昭和33年、当時の国鉄が制定。予備軍として制定された「準鉄道記念物」と合わせてJR各社が継承。さらにJR西日本は独自に「登録鉄道文化財」を制定し、管内の鉄道遺産保存活動に取り組んでいる。

 転車台は5年、扇形機関車庫は11年、蒸気機関車全盛期に津山駅に設置。17台の機関車を収容できる同車庫は、現存する機関車庫の中では梅小路機関車庫(京都市)に次ぐ規模を誇る。平成28年には、この転車台と機関車庫をメインに同施設が開館。鉄道の歴史や仕組みが身近に感じられる場として全国から人気を集め、これまでの来館者数は18万人を超える。

 6日に行われた式典では、谷口圭三津山市長や選定委員ら関係者14人が出席。有田泰弘・JR西岡山支社長が「津山まなびの鉄道館を中心に、地元の皆様と一緒に鉄道遺産を末永く伝えていきたい」とあいさつ。関係者が指定記念プレートの除幕を行った。

 プレート(縦30センチ、横42センチ)は真鍮(しんちゅう)製で、指定日の14日までに機関車庫正面の柱部分に設置される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ