PR

地方 地方

12月の佐賀県知事選、自民が現職の山口氏推薦へ

Messenger

 自民党佐賀県連は、任期満了に伴う佐賀県知事選(11月29日告示、12月16日投開票)に立候補を表明している現職の山口祥義氏の推薦を了承し、党本部に申請することを決めた。前回知事選では、別の候補者を推薦していた。

 県連の留守茂幸会長は取材に「4年間の実績も考慮し、手を携えてやっていこうという確認ができた」と話した。党本部でも認められる見通し。

 前回知事選では保守勢力が分裂。一部の自民党県議や首長、農協改革に反発した地元JAなどの支援を受けた山口氏が、党本部が主導して擁立した候補者を破り、初当選を果たした。今回の知事選に他に立候補を表明している人はいないが、県が陸上自衛隊の輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画を受け入れたことに反発する共産党などが、候補者擁立を模索している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ