PR

地方 地方

松本南が11回目V リトル信越秋季大会

2年ぶり11回目の優勝を果たし、日本リトルリーグ野球協会信越連盟の関谷明生理事長からメダルを贈られる松本南リーグの選手たち=長野県塩尻市
Messenger

 2018年度日本リトルリーグ野球協会信越連盟秋季大会兼第43回産経新聞社旗争奪戦大会の準決勝と決勝が8日、塩尻市営球場で行われた。決勝は県勢同士の戦いとなり、松本南が波田を11-1で下し、2年ぶり11回目の優勝を果たした。初めて決勝に進出した波田は悲願を達成できなかった。

 準決勝で松本南は新潟西と対戦。初回と二回に3点ずつ奪うと、三回には一挙に12点を加点し、三回コールドで圧勝。波田も幸先よく初回に2点を取り試合の主導権を握った。三回に1点、四回にも4点を奪い、須坂を退けた。

 決勝では、1-1の同点で迎えた二回、松本南が5点を取って波田を突き放し、その後も着実に加点。五回コールドで試合を決めた。

 閉会式では1~3位の各リーグに同連盟の関谷明生理事長らからメダルなどが贈られた。

 松本南の野本大雅(たいが)主将(12)は「選手はもちろん、監督やコーチ、保護者の皆さんでつかんだ優勝なのでとてもうれしい」と、優勝旗の重みをかみしめていた。

                   

 ▽準決勝

 松本南 18-3 新潟西

 波田   7-0 須坂

 ▽決勝

 松本南 11-1 波田

 (松本南と波田は11月23~25日に東京都八王子市で開かれるKTA CUPリトルリーグ・チャンピオンシップに出場)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ