PR

地方 地方

リトル信越大会が開幕 松本南、須坂など準決勝進出

2018年度日本リトルリーグ野球協会信越連盟秋季大会兼第43回産経新聞社旗争奪戦大会が開幕した=7日、長野・塩尻市営球場
Messenger

 2018年度日本リトルリーグ野球協会信越連盟秋季大会兼第43回産経新聞社旗争奪戦大会が7日、塩尻市営球場で開幕し、1回戦と準々決勝が行われた。松本南、新潟西、波田、須坂の各リーグが準決勝へコマを進めた。

 開会式では、昨年優勝の上田南リーグを先頭に長野、新潟両県のブロック予選を勝ち抜いた16リーグが元気よく入場行進。同連盟の中平寿文副理事長が「この1年間、どう野球と向き合ったのか、何を学んだのか。それを発揮してほしい」とあいさつした。

 選手宣誓で、塩尻リーグの諏訪晃大(こうた)主将(12)は「日頃の練習の成果を発揮し、正々堂々と戦うことを誓います」と力を込めた。

 大会はトーナメント方式で8日に準決勝と決勝が行われる予定。

 

 ▽1回戦

松本南   17-1  坂城千曲

上田南   11-1  塩尻

豊科     8-4  上田

新潟西    8-0  三郷

波田    15-0  小布施・長野東

松本北    4-3  長野南

新潟東・南 11-2  松本東

須坂     3-2  飯田

 ▽準々決勝

松本南   15-0  上田南

新潟西   16-0  豊科

波田    12-2  松本北

須坂     4-3  新潟東・南

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ