PR

地方 地方

音楽で連携「広く知って」 芸大と足立区、13日コンサート

足立区との連携で開かれた東京芸大のビッグバンド「MANTO VIVO」のコンサート=2月、同区の竹の塚地域学習センター(同大提供)
Messenger

 東京芸術大が平成18年に千住キャンパス(足立区)を開設して12年。今月13日、初めて区内最大のホールでジャズの有料コンサートを開く。これまでのコンサートは学内で開く小規模なものが中心だったが、今回の大規模な開催に、足立区の関係者は「大学と地域の連携を区内外に知ってもらいたい」と期待している。(高橋裕子)

                   

 千住キャンパスは、録音や音響、舞台芸術などを研究する音楽学部音楽環境創造科の約90人が学ぶ。

 区の担当者が「芸大の名に恥じない、日本で数本の指に入る施設」と胸を張るホールやスタジオ、録音・音響設備を備えた。

 芸大と区は移転初年度から学内での無料コンサートや小中学校での音楽指導、障害児と家族向けの演奏会などの事業を行ってきた。

 無料コンサートは、海外の民族音楽や金管五重奏などクラシックを年5回程度開催。「演奏者との距離が近い」と人気で、定員50~120人の募集に2、3倍の応募があるという。

 当初から事業に携わってきた西岡龍彦教授は「区民が日常的に音楽に接し、大学と強固に連携している地域も珍しいと思う」と期待する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ