PR

地方 地方

【南極隊員に聞く】(中)通信担当・里中俊大さん(千葉市) 15年越しの夢がかなう

通信担当の越冬隊員として、初めて南極に赴く抱負を語る、第60次南極観測隊の里中俊大さん=東京都立川市の国立極地研究所(芹沢伸生撮影)
Messenger

 千葉市花見川区の里中俊大さん(44)は、第60次南極観測隊(堤雅基隊長)の越冬隊員(通信担当)として、11月に日本を出発する。現在は国立極地研究所(東京都立川市)で準備に追われる日々。「15年来の希望がかなった」という里中さんは、責任の重さを感じながらも、憧れの極地に思いをはせている。

 生まれ育ちは広島県。父親に影響され、子供の頃から無線が大好きだった。小学生でアマチュア無線免許を取り、交信や無線機の分解などを楽しんだ。同じ頃、地元の呉に入港した南極観測船「しらせ」を見学した記憶もある。

 高校卒業後、就職した郵政省中国電気通信監理局(現総務省中国総合通信局)が越冬隊員を派遣していると知り「行きたい」と思った。希望する職種の隊員に必要な資格を持っていなかったため、仕事の合間に猛勉強を重ね、陸上無線技術士の免許を取得した。

 ところが、その後は人事異動などもあって観測隊への参加を希望するタイミングに恵まれなかった。今回、関東総合通信局勤務で単身赴任中に南極行きを打診された。「希望者がいなかったため自分にオファーがあった」といい、15年来の願いは思いがけない形でかなった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ