PR

地方 地方

山梨の停電復旧は最短であす 依然1500軒 600人体制で作業

Messenger

 東京電力パワーグリッド山梨総支社によると、台風24号などの影響による県内の停電は4日午後8時現在、計約1500軒で続いている。このうち、鳴沢村が約1300軒、上野原市と富士川河口湖町が各約100軒としている。

 鳴沢村では、約80カ所で多数のマツなどが強風で倒木し、近くの電線を切ったり、電線の上に引っかかったりした。本数が多いため、除去作業に時間を要している。

 南部町の内船地区では、倒木現場に向かう道路も倒木でふさがれ、作業が大幅に遅れたが、4日夕までに復旧した。

 同総支社では、関連会社などの応援も含め、通常の約5倍にあたる約600人体制で復旧作業に当たっている。しかし、同総支社は「全面復旧するのは、最短でも6日頃になる」としている。

 このほか、山中湖村でも4日午後3時40分ごろから約1時間40分間、停電した。原因は不明という。

 長期停電の影響で、健康科学大(都留市)は、理学療法学科など3学科がある河口湖キャンパス(富士河口湖町小立)で、5日まで休講措置をとっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ