PR

地方 地方

【台風24号】茨城県内で6人重軽傷 1人熱中症訴え

Messenger

 台風24号の影響で、茨城県内では男女6人が重軽傷を負ったほか、避難所にいた女性1人が熱中症の症状を訴えた。同県防災・危機管理課によると、1日午前1時ごろ、同県古河市内でトラックの荷降ろしをしていた男性(50)が、強風の影響で扉に挟まれてあばら骨を折る重傷を負った。

 いずれも同県の常陸大宮、古河、つくば、行方の4市と境町では、33~80歳の男女5人が風にあおられて転倒するなどして頭や胸などに軽傷を負った。同県鉾田市では、避難所にいた女性(77)が熱中症の症状を訴え、病院に搬送されたが、軽症だった。

 9月30日夕から夜にかけて、いずれも同県大子町と美浦村の計7489世帯1万7564人に「避難準備・高齢者等避難開始」が発令。いずれも1日午前3時40分までに解除された。

 同日午前7時時点で県内の17市町村48カ所に避難所が開設され、12市町で少なくとも158世帯223人が自主避難したが、避難所は同10時までに全て閉鎖した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ