PR

地方 地方

「福島の野球の歴史変える」 学法石川・佐々木新監督が会見

Messenger

 学校法人石川高校(学法石川、石川町)の野球部監督に11月9日付けで就任する、仙台育英(宮城)前監督の佐々木順一朗氏(58)が29日会見を開き、「みんなで話し合って、いい野球部を作りたい」と抱負を述べた。

 仙台育英の監督を辞任して以来、初の一線復帰となることについては「この年になって最後という思いがある。福島の野球の歴史を変えられたら」と決意をにじませた。指導する学法石川の野球部は「しっかりした子がいて、これからが楽しみだ」と話した。

 就任後は部員やスタッフらと意見を交わし、年明けにはチームの将来像について考えを固めたいとしている。

 学法石川は平成11年の夏の大会以降、甲子園から遠ざかっている。森涼理事長は「古豪復活(の目標)とスタッフの成長を見込んで招いた」と佐々木氏の手腕に期待を寄せた。

 佐々木氏は早大卒。電電東北(現、NTT東北)を経て平成7年から仙台育英(宮城)の監督を務め、同校を春夏合わせて19回甲子園出場に導いた。しかし、昨年12月に部員の不祥事が発覚し、引責辞任していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ