PR

地方 地方

香川県共同募金会の赤い羽根バッジ、今年は「きつねうどん」 10月1日から運動

Messenger

 赤い羽根をシンボルとした共同募金運動が10月1日から全国一斉に始まる。香川県共同募金会は、協力してくれた人への記念章として製作している「赤い羽根うどん県バッジ」第7弾となる今年は「きつねうどん」をデザインした。

 同バッジは“うどん県”の話題性にちなみ、より多くの人に協力してもらおうと製作している「ご当地バッジ」となっている。

 今年の「きつねうどん県バッジ」は幅25ミリ、高さ22ミリ。ソフトエナメル6色の真鍮(しんちゅう)メッキ製。4万9千個を準備し、職域募金や街頭募金などで一定額以上の寄付をしてくれた人に記念章として配る。

 うどん県バッジは平成24年の「かけうどん」から始まった。「ざるうどん」「年明けうどん」「エビ天うどん」「釜揚げうどん」と続き、昨年は「釜玉うどん」だった。

 問い合わせは香川県共同募金会(電)087・823・2110か、各市町社会福祉協議会内にある市町共同募金委員会へ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ