PR

地方 地方

佐賀のツタヤ図書館訴訟 地裁、住民側の請求棄却

Messenger

 佐賀県武雄市図書館が「TSUTAYA(ツタヤ)図書館」として新装開館した際、違法な支出があったとして、樋渡啓祐元市長らに損害約1958万円を賠償請求するよう市に求めた住民訴訟の判決で、佐賀地裁は28日、請求を棄却した。

 住民側は、市は約1958万円で1万冊を購入するとの契約を、レンタル大手TSUTAYAを展開する民間企業カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と結んだが、多くは館内の安全対策に使われたと主張。これに関し達野ゆき裁判長は必ずしも全て書籍購入に充てるとの契約内容ではなかったと判断した。

 判決によると、CCCは約765万円で約1万冊を購入し、残りの金を安全対策などに使った。

 原告側の半田望弁護士は「契約書には明示されていないが、見積書には約1958万円で1万冊を購入するとしている」と地裁の判断を批判した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ