PR

地方 地方

オリーブの実たわわ 小豆島で早生種の収穫始まる

Messenger

 国産オリーブ発祥の地、香川県の小豆島でオリーブの収穫が始まり、小豆島町の道の駅「小豆島オリーブ公園」では塩蔵加工する新漬け用に早生種のマンザニロの摘み取りが行われた。

 同公園では約3・5ヘクタールに試験栽培用の品種を含め約20品種、約2千本のオリーブが栽培されている。25日は、9人の職員が高い枝は脚立に上るなどして1粒ずつ熟れ具合や大きさを見極め、実にキズを付けないように丁寧に摘み取り、約100キロを収穫した。

 小豆島でのオリーブの新漬けは10月6日を販売解禁日としており、同園ではこの日に合わせて収穫作業を進め、販売用として約10日間かけてアク抜きや水洗い、塩水漬けをして仕上げる。島内の栽培農家も収穫や加工に追われる忙しい毎日が始まった。

 小豆郡内では現在、収穫を目的に約143ヘクタールで約6万本のオリーブが栽培されている。昨年は豊作で約425トンの収量だったが、今年は「裏年」となるため収量は昨年を下回ると予想されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ