PR

地方 地方

「りぼん」付録や漫画本でさくらももこさん追悼 京都国際マンガミュージアムに展示コーナー

Messenger

 8月に53歳で亡くなった漫画家さくらももこさんを追悼する展示コーナーが、京都市中京区の京都国際マンガミュージアムに設けられている。代表作「ちびまる子ちゃん」や「COJI-COJI(コジコジ)」などの漫画本約40冊に加え、少女漫画雑誌「りぼん」のためにさくらさんが作った付録約30点が展示されている。来場者はまるちゃんのレターセットやインデックスシール、夏休みダイアリーなどに見入っては「懐かしい」とため息をついていた。11月30日まで。

 一昨年から昨年にかけてりぼんの付録を集めた企画展示を行ったところ好評だったため第2弾を開こうとした矢先に訃報に接し、急遽(きゅうきょ)、追悼コーナーを設けたという。

 平成2年2月号のまるちゃんエチケットカルタは、「あ りがとうは 笑顔でいいます 心から」「げ んかんは 家の顔です 気をつけて!」などユーモアとウイットに富んだ文言が踊り、同年3月号の付録、ハリキリまるちゃんスマイルシールはさまざまな表情のまるちゃんが並ぶ。

 同ミュージアムの広報担当、中村浩子さんは「私もりぼんを楽しみに読んでいた。女の子は、少女漫画を読むことで『カワイイ』という感覚や価値観が身につく。さくらさんの訃報はとても残念」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ