PR

地方 地方

電子ギフトカード詐欺に注意を ラジオ司会者メッセージ再生 京都府警向日町署が店頭に機器

Messenger

 プリペイド型の電子ギフトカードを悪用した架空請求詐欺が絶えない中、向日町署が、ギフトカードを売っている店頭で注意を呼びかけるメッセージを再生する機器を設置した。

 府警によると、アダルトサイト料金などの架空請求の電話をかけ「コンビニでギフトカードを買って番号を教えてくれれば、請求はなくなる」などと嘘を言ってギフトカードの額面金額をだまし取る詐欺が目立ち始めているという。

 機器の愛称は「せっと君」。同署管内の乙訓地域在住で、エフエム京都でラジオパーソナリティーを務める佐藤弘樹さん(61)が音声を担当。「誰かに指示されてカードを買おうとしていないですか。嘘の代金を請求する特殊詐欺が多発しているので、思い当たる節があれば警察に相談してください」など3パターンが収録され、人が近づくと自動で音声が流れる仕組みになっている。

 佐藤さんは末広敏也署長から感謝状を受け取った後、向日市のセブンイレブン向日鶏冠井町店の電子ギフトカード売り場に機器を設置。「特殊詐欺は人の弱みに付け込む卑劣な犯罪。この機器で被害に遭われそうな方を思いとどまらせて、少しでも被害防止につながってくれたらうれしい」と話した。

 機器は50個用意されており、管内のコンビニに順次配布される予定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ