PR

地方 地方

アフリカ赴任の青年海外協力隊員の女性3人にうつくしま大使委嘱

Messenger

 看護師として県内からマダガスカルの保健施設で母子支援に当たる横山かおりさん(27)ら青年海外協力隊員3人に対し、県は「うつくしま国際協力大使」を委嘱した。10月から平成32年秋までアフリカ3カ国に渡る。

 ほかの2人はモザンビークの孤児院で柔道を教える氏家美優(みゆう)さん(24)、タンザニアの職業訓練校で自動車整備を指導する影山夏子さん(24)。

 委嘱状を受け取った3人は今年夏にブラジル、モンゴルから帰国した2人の大使から海外生活のアドバイスを受けた。氏家さんは「柔道を知ってもらうところから始めたい。けがせず活動できれば」と話した。

 「うつくしま国際協力大使」は平成7年に始まり、海外で活動しながら福島のPR活動に取り組むほか、県ホームページに現地の生活習慣や文化などをリポートする。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ