PR

地方 地方

二十四の瞳・岬文壇エッセー募集 テーマは「先生」「電話」「あいさつ」

Messenger

 代表作「二十四の瞳」で知られる香川県小豆島町出身の作家、壺井栄の偉業を後世に伝える活動をする岬の分教場保存会が、「第16回二十四の瞳岬文壇エッセー」の作品を募集している。

 今回のテーマは「先生」「電話」「あいさつ」。A4判400字詰め原稿用紙3枚半以上4枚までの未発表作品1人1編と、併せて別の原稿用紙に選択したテーマ、作品名、郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、職業を記載して応募する。

 選考委員は作家のあさのあつこ氏、香川大教育学部の佐藤明宏教授、「ずいひつ遍路宿」の篠永哲一会長。最優秀賞(1編)には副賞20万円、優秀賞(2編)は同5万円、佳作(5編)は同1万円がそれぞれ贈られる。

 締め切りは11月30日(当日消印有効)。応募先は、〒761-4424 香川県小豆島町田浦の同保存会。問い合わせは(電)0879・82・5624。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ