PR

地方 地方

仙台警官刺殺 交番に所有者不明の自転車 指紋採取、特定進める

Messenger

 仙台市宮城野区の仙台東署東仙台交番で、同交番勤務の清野裕彰(せいの・ひろあき)巡査長(33)=警部補へ2階級特進=が刺殺された事件。交番敷地内に所有者不明の自転車が駐輪されていることが21日、捜査関係者への取材で分かった。県警は別の警察官に拳銃で撃たれて死亡した東北学院大3年、相沢悠太容疑者(21)が使用した可能性も視野に調べている。

 捜査関係者によると、自転車は交番の警察官が使用しているものではなく、防犯登録番号を照会した結果によると、警察関係者の所有物でもないことが分かったという。かごには衣服が入っており、自転車から指紋を採取するなどして所有者の特定を進める。

 相沢容疑者は19日午前4時ごろ、千円札1枚を拾ったとして交番を訪問。巡査部長(47)が別室に移動した数分後、怒号が聞こえたため戻ると、倒れた2人を発見。相沢容疑者が襲いかかってきたため、拳銃を3発発砲した。

 捜査関係者によると、相沢容疑者と、県警や交番との接点は特にないといい、自宅への家宅捜索で押収した物品から動機を示すものがないか、慎重に捜査を進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ