PR

地方 地方

雅楽にのせ優美な舞 小豆島に秋祭りシーズン到来

Messenger

 小豆島(香川県)に秋祭りシーズンの到来を告げる阿豆枳島神社の例大祭が、島の最高峰、星ケ城山(小豆島町、817メートル)の東峰と西峰にそれぞれある本殿で営まれ、島の繁栄や平安が祈願された。

 島内の神職ら関係者約30人が本殿に参拝し、続いて紅葉の景勝地「寒霞渓」近くにある三笠拝殿で神事が営まれた。小豆島雅楽会が奏でる古式ゆかしい調べの中で島内の神職6人が島の平和や発展を改めて祈った。久綱彩友美さん(29)と日向優さん(24)が巫女(みこ)を務めて、昭和天皇が詠まれた和歌に合わせてつくられた「浦安の舞」を風雅に舞った。

 毎年恒例の小豆島の民俗芸能の奉納は、小豆島町馬木地区に伝わる「ヤッシッシ」。猿田彦神を祭神とする金羅明神社の例祭(8月1日)に奉納される踊りで、赤色の下帯だけ締めた裸の男衆が大名行列の先頭で振るような毛槍を手に「ヤッシッシ」の歌に合わせたユーモラスな所作に見物客らが「めでたいこっちゃな、ヤッシッシ」などとはやし立てていた。

 小豆島では例大祭の16日を境に各地の神社で収穫に感謝する農村歌舞伎や太鼓台奉納、子供相撲奉納などの秋祭りが展開され、商業祭やオリーブの収穫祭なども催される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ