PR

地方 地方

京都大学高等研究院の魅力を本庶佑氏らが紹介 吉田キャンパスでシンポ

Messenger

 京都大学高等研究院について紹介するシンポジウム「Kyoto Science Session 2018」が17日、京都市左京区の京大吉田キャンパスで開かれ、高校生や関係者ら約500人が、各分野の最先端で活躍する研究者らの話に聞き入った。

 同研究院は最先端研究を持続的に展開するために平成28年に設置されており、活動内容などが紹介されるのは今回が初めてという。

 シンポでは冒頭、同研究院の森重文院長が「設置から3年目を迎えて陣容が整ってきた高等研究院の魅力を知ってもらいたい」とあいさつ。その後、所属する本庶佑(ほんじょたすく)、北川進、両特別教授ら研究者6人が登壇した。

 「科学とは何か」という進行役からの質問に対して、北川氏は「私がやっているのは化け学の化学。世界の人が安全な生活ができるよう自然の現象を理解し、それをうまく使っていくのが化学」と述べた。

 一方、本庶氏は科学について「全ての人を納得させられないことは非科学的と言われるが、人を納得させる上で最も強いものが数学。だから、自然科学は数学に基づいた論理構築がなされている」と説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ