PR

地方 地方

JR貨物の機関車が岩沼の入換線で脱線

Messenger

 16日午前9時15分ごろ、岩沼市二木のJR岩沼駅の南方約500メートルのJR貨物の入換線で、貨物機関車が脱線した。運転士1人だけが乗車しており、けが人はなかった。

 岩沼署とJR貨物東北支社によると、現場は貨物専用の線路で、進路転換のポイント付近。事故時は機関車のみでの入れ換え作業中で、同機関車の車軸8軸のうち、2軸が脱線した。低速で走行していたとみられるという。同署とJR貨物、東北運輸局が原因を調べている。

 JR東日本仙台支社によると、この事故の影響で東北本線(仙台-白石間)と常磐線(仙台-原ノ町間)が安全確認などのため一時運転を見合わせ、最大約55分の遅れ。約3800人に影響した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ