PR

地方 地方

【静岡・古城をゆく 北条五代の史跡】深沢城の戦い(御殿場市深沢) 信玄、矢文で無血開城迫る

Messenger

 これで、2年間に及んだ駿東郡をめぐる攻防はひとまず落ち着いた。深沢城は天正10(1582)年の武田氏滅亡まで武田氏の御厨地方の軍事拠点となった。

 深沢城は甲相駿国境地帯にあり、足柄峠越えで相模国へ、また明神峠、籠坂峠を越すと甲斐の郡内地方に至る。絶対確保しておきたい要衝地である。地形的には抜川と馬伏川に挟まれ、南北400メートルの城域周りは20~30メートルの断崖に囲まれた要害地を巧みに利用している。見どころは曲輪の出入り口前に築いた馬出構造で、横矢が掛かる北条流、武田流の丸馬出が残存し、戦いの歴史が見て取れる。(静岡古城研究会会長 水野茂)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ