産経ニュース

よさこいやフラダンス…「にいがた総おどり」開幕

地方 地方

記事詳細

更新


よさこいやフラダンス…「にいがた総おどり」開幕

 国内最大級の踊りの祭典「2018にいがた総おどり」が15日、開幕した。韓国と全国各地から250団体・約1万5千人が参加し、新潟市中央区の万代シテイなど10会場が踊りの熱気に包まれる。17日まで。

 にいがた総おどりは平成14年、当時の大学生らが「次世代の子供たちに感動ある世の中をつくる」と呼びかけ、新潟商工会議所とともに「新潟総踊り祭実行委員会」を発足させて始まった。今年は、JR新潟駅の南口広場や新潟ふるさと村、弁天通り商店街などの各会場で、よさこいやフラダンス、チアダンスなどさまざまなジャンルの特色あるパフォーマンスが繰り広げられる。

 万代シテイでは、本県の秋の味覚を楽しめる「にいがた食の陣~豊穣(ほうじょう)の秋祭り~」が開催されている。

 実行委の担当者は「気持ちが込められた踊りの熱気や活力を感じてほしい」と来場を呼び掛けている。