産経ニュース

「日本一安心安全な長野に」 県公安委員に矢ケ崎・アルプス社長

地方 地方

記事詳細

更新


「日本一安心安全な長野に」 県公安委員に矢ケ崎・アルプス社長

 県公安委員に就任した矢ケ崎学氏(55)が13日、県警本部で記者会見を行った。矢ケ崎氏は「警察の運営指針にあるように、日本一安全・安心な長野を目指してやっていきたい」と抱負を語った。

 矢ケ崎氏は、自身の民間企業での経験を踏まえ、労働生産性を上げるには、仕事に対して満足感を持つことが大切だと強調。「県警の顧客は全県民。警察官のワークライフバランスを保ちながら、県民の満足度も向上させられるよう、お手伝いできれば」と述べた。

 塩尻市出身。北海道大卒業後、平成2年にワイン製造販売会社「アルプス」(同市)入社、25年には社長に就任した。委員の任期は33年9月までの3年間。