PR

地方 地方

長野市補正、小中学の塀撤去に2069万円

Messenger

 長野市は、総額18億5883万円の今年度一般会計9月補正予算案を発表した。公立小中学校にある危険なブロック塀の撤去費として2069万円を計上したことが柱。6日開会した定例9月市議会に提出した。市によると、ブロック塀撤去は、6月の大阪北部地震を受けた措置で、対象となる学校は加茂小学校など計7校という。

 個人や企業が所有し、倒壊の恐れがあるブロック塀についても、撤去費として2100万円盛り込んだ。このほか、マイナンバーカードを西暦表記にするなどのシステム整備に2322万円、7月の集中豪雨で被災した道路復旧費に2億6110万円を計上するなどした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ