産経ニュース

はるなのナシ品評会 知事賞に乾さん・富沢さん

地方 地方

記事詳細

更新


はるなのナシ品評会 知事賞に乾さん・富沢さん

 県内屈指の果樹生産地として知られる高崎市榛名地域のナシのできばえを確認する「第30回はるなのナシ品評会」が13日、市榛名支所で開かれた。

 品評会には、はるな果樹振興協議会(小池信太郎会長)に加盟している栽培農家約100戸が「二十世紀」と「豊水」を合わせて100箱(1箱7個入り)出品。糖度などの品質、果皮色などの外観、玉揃いなどの形状を審査した。最高賞の知事賞には二十世紀の部で乾光博さん(里見梨部)、豊水の部で富沢美恵子さん(里東果実部)が選ばれた。

 榛名地域のナシの収穫はピークを迎えており、小池会長は「今年は天候にも適度な雨にも恵まれ、糖度が乗ったものができた」と話していた。