産経ニュース

藤原宮跡で大極殿北門跡を確認 南門などと比べ小規模?

地方 地方

記事詳細

更新


藤原宮跡で大極殿北門跡を確認 南門などと比べ小規模?

 橿原市の藤原宮跡で、中心施設の大極殿(だいごくでん)を囲んだ回廊の北門跡が確認され、奈良文化財研究所(奈文研)が13日、発表した。調査により、門の東西規模は約4・7メートルと判明。北門跡は過去に2回、奈文研と日本古文化研究所によって発掘されているが、規模が明らかになったのは初めて。

 北門跡は大極殿の四方を囲んだ回廊の北側中央部に位置し、中央を宮(きゅう)の中軸線が通っている。発掘調査では、門の4つの柱のうち南東隅の柱を据えた柱穴を確認。門の南北規模は約5・8メートルと推定される。北側には天皇の住まいである内裏(だいり)があり、天皇が政治を行う大極殿と内裏を行き来する際に利用したらしい。

 東西南北にある計4つの門を比較すると、南門(東西約35メートル、南北約10メートル)のほか、東門と西門(ともに南北約29メートル、東西約6・6メートル)よりもかなり小規模。だが、門の基壇が削られるなど遺構の残存状態が悪いことから、奈文研はもっと大きかった可能性もあるとしている。

 また、今回の調査で、回廊(大極殿院)の東西規模が約116メートルと推定通りだったことも分かった。

 木下正史・東京学芸大学名誉教授(考古学)は「毎日、大極殿に出御(しゅつぎょ)していた天皇にとって、公的な空間と私的な空間を分ける重要な門だった。南門は権威を示すために大きく造られたが、北門はその必要がなかったのだろう」としている。

 現地説明会は15日午後1時半から行われる。