PR

地方 地方

【千葉聞き歩き】「ジェッツふなばし」の掃除の意味

千葉ジェッツふなばしの運営会社で行われている社員らの朝の清掃
Messenger

 「千葉でいま、勢いがあるのは?」と聞かれたら、スポーツ好きな人なら、プロバスケットボールチーム「千葉ジェッツふなばし」と答えるかもしれない。2017-18シーズンは天皇杯2連覇、Bリーグチャンピオンシップ準優勝。観客動員数15万5895人は日本一。チーム経営も右肩上がりで7期連続の黒字だ。

 JR西船橋駅近くの運営会社を朝に訪ねると、約25人のスタッフ全員がオフィスの掃除を始めていた。男子トイレに向かったのはチケット担当の岩田真弥(しんや)さん(37)。いつも買って出ているという。

 「ほとんどの社員が好調なジェッツしか知らない。謙虚な気持ちを忘れないよう雑巾がけやトイレ掃除を日課にしている」。島田慎二社長(47)はそう話す。コンサルタントでもある島田氏が経営状況を調べた平成23年11月、チームはチケット収入があがらず、倒産寸前だったという。翌年、社長に就任すると、再建策のひとつとして、プロの心構えを徹底する社員教育を行った。

 現在は、毎朝15分の全員清掃のほか、すべての基本であるあいさつ・お礼の徹底▽業者からの接待禁止▽土産を全員で共有▽整理整頓▽早いメール返信▽業務中の携帯電話と喫煙の禁止▽ノー残業▽清潔な見だしなみ-を求めている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ