産経ニュース

きょうから京成百貨店で全九州の物産展 グルメ味わって 茨城

地方 地方

記事詳細

更新


きょうから京成百貨店で全九州の物産展 グルメ味わって 茨城

「第20回全九州の物産展」をPRするため産経新聞社水戸支局を訪ねた福岡親善大使の長冨彩女さん=12日午後、水戸市南町(峯匡孝撮影) 「第20回全九州の物産展」をPRするため産経新聞社水戸支局を訪ねた福岡親善大使の長冨彩女さん=12日午後、水戸市南町(峯匡孝撮影)

 京成百貨店(水戸市泉町)で13日から、「第20回全九州の物産展」が始まる。福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄の8県から食品45社、工芸6社の計51社が出店し、ご当地グルメや地元の工芸品が出品されている。7階催事場で18日まで。

 今回は「九州の肉特集」として、佐賀牛を使用したカルビ焼き肉弁当を展開する佐賀県の「佐が家」が京成百貨店に初登場。福岡県の博多もつ鍋や宮崎県のチキン南蛮、大分県の骨なしからあげ、長崎県の長崎角煮まんじゅうなどを味わえる。

 物産展開催を前に、福岡親善大使の長冨彩女(あやめ)さん(22)らが12日、産経新聞社水戸支局(水戸市南町)を訪問。長冨さんは、物産展に出店する福岡県のラーメン店「Shin-Shin」を紹介し、「行列ができる店で、豚骨が苦手でも食べやすい。観光客にも人気となっている」とPRした。