PR

地方 地方

【駅メロものがたり】未来に希望を 30代奔走 高橋優さん「明日はきっといい日になる」 JR秋田駅

Messenger

 高橋さんと「明日は-」に着目したのがJR東日本秋田支社地域活性化推進室の吉田峰弘さん(33)=写真。昨年のこまち20周年と、同4月1日のJR秋田駅新装オープンに合わせ「東京から来た人にも分かり、秋田の希望を感じさせる発車メロディーを作りたかった」。当時の室長、永杉博正さん(41)と協議、「明日」を「秋田」に替え、高橋さんに「秋田はきっといい日になる」と書いてもらうことを発案した。駅西口にあるそのサインボードは、全国からファンが訪れて記念撮影する「聖地」となった。

                 ♪ ♪ ♪

 メロディーに編曲したのは、秋田を拠点に活動するシンガー・ソングライター、渡部絢也さん(34)=写真。吉田さんから「15秒以下でピタッと終わり余韻が残る形」と発注された。全国の駅のメロディーをサイトで聴き比べ、JR茅ケ崎駅で使われているサザンオールスターズの「希望の轍(わだち)」を参考にした。「ポップスを発車メロディーに組み込んでも問題なく、前向きで明るい印象になると分かった。原曲のイメージを損なわず、前に進む力強さを演出できた」と振り返る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ