PR

地方 地方

【駅メロものがたり】未来に希望を 30代奔走 高橋優さん「明日はきっといい日になる」 JR秋田駅

JR秋田駅西口にある高橋優さん直筆のサインボード=秋田市
Messenger

 駅で列車が発車する際に流れるメロディーは日本独自に発達してきた。海外では音もなく出発する駅が多いが、時間に厳格な日本ではベル音が採用され、耳に優しいメロディーに進化した経緯がある。街おこしのため、地域の人々がゆかりの歌の実現に奔走したケースもある。JR秋田駅は秋田県出身のシンガー・ソングライター、高橋優さん(34)の「明日はきっといい日になる」を採用。高橋さんと同世代の人々が歌に未来の希望を託した。 (藤沢志穂子)

                 ♪ ♪ ♪

 「明日は-」は平成27年発表。「口ずさんでもらうことで明日をいい日にしようと考えた」と高橋さんが言うように、ライブでは大合唱になる代表曲の一つ。「いろんな人にとっての優しい音楽、笑顔になれる音楽を作りたかった」

 メロディーは昨年3月22日、秋田新幹線こまち20周年の日から採用された。

 「最初、両親を連れて聞きに行きました。僕の声が入っていないからか父が気づかず、もう一度流れるまで待っていた。僕の歌が駅で流れるなんて」

 横手市出身の高橋さんは北海道の大学に進学した後、路上ライブ活動を経て22年にデビュー。「高校を出たときは反抗期。秋田が嫌で家族からも離れたかった。出てすぐその良さに気がついた」。自然があり、人とのつながりがある。故郷の良さを多くの人に知ってほしいと28年から県内各市で毎夏、野外ライブ「秋田CARAVAN MUSIC FES」を主催。今年も9月1、2日に仙北市で開かれた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ