PR

地方 地方

東日本大震災7年半 北海道と宮城 ふたつの被災地で奮闘 イチゴ農家の丸子さん親子

再建した農場はいつか、息子にまかせたいと語る丸子忠志さん=11日、宮城県亘理町(塔野岡剛撮影)
Messenger

 東日本大震災から、11日で7年半。震災以降、各地で大規模な災害が相次ぎ、北海道では最大震度7を観測する地震が起きた。震災の津波で宮城県にあったイチゴのビニールハウスが流され、再起をかけた北海道で今回の地震を経験、いつか故郷を目指すという息子と、宮城に残って農場を再建した父親。ふたつの被災地に2人を訪ねた。

                   

 ◆伊達で再起かけて 北海道に移住・裕人さん

 今月6日未明、震度7に見舞われた北海道厚真(あつま)町。100キロ離れた伊達市でも震度5弱を観測した。

 地震発生時、伊達市苺研究会代表の丸子裕人さん(39)はすでに起床していた。「揺れ自体は衝撃的ではなかった」。津波がないことも確認した。だが、「防災は日頃の心がけ。備蓄していたものがなくなっていたり、意識は薄れてしまっている」と話す。

 ビニールハウスのイチゴに被害はほとんどなかった。停電で一時的に水をやれず、一部の苗がしおれたが、2日後には復活。青果市場への出荷やクール便での道外への配送も、近いうちに再開される見込みだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ