PR

地方 地方

秋の味覚、サンマ2400匹に列 近鉄奈良駅前で無料配布

Messenger

 秋の味覚サンマを味わってもらおうと、県魚食普及協議会(大和郡山市)は11日、奈良市の近鉄奈良駅前で、塩サンマ約2400匹を無料配布した。配布前から市民が長蛇の列をなし、わずか30分ほどで底をついた。

 消費者の魚離れに歯止めをかけようと、同協議会が毎年開催している。北海道・根室で水揚げされたサンマ3匹とスダチ1個を袋に詰めて用意。「黒目の周りが透明で澄んでいる」「背の部分が艶やかで青黒く、張りがある」など、新鮮なサンマを見分ける方法を紹介したチラシも添えた。

 同協議会によると、今年のサンマは北海道地震の影響で値上がりが続いているものの、例年に比べて脂の乗りが良いという。

 同協議会の川井純司会長(44)は「ぜひ家庭でおいしい旬の味を楽しんでほしい」とPR。奈良市の主婦、井上とし子さん(69)は「サンマが出回ると、いよいよ秋が来た感じがする。今年初めてのサンマなので、さっそく焼いていただこうと思います」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ