PR

地方 地方

小池都知事、100歳女性の長寿祝う

Messenger

 「敬老の日」(17日)を前に小池百合子知事は11日、世田谷区の西村喜美(きみ)さん(100)宅を訪問して江戸硝子(がらす)の花生けを贈り、長寿を祝った。西村さんは「100年間、何もかも楽しかった。まだまだ生きたい」と笑顔を見せた。

 西村さんは大正7年7月の生まれ。5歳のとき、当時暮らしていた横浜市で関東大震災に遭遇し、船で静岡県方面に避難したという。手先の器用さを生かして和裁を生業とし、結婚後は病気がちだった夫に代わって家計を支え、3人の子供を育て上げた。

 同居する長女の章子さん(72)によると、今も食欲は旺盛で、とんかつやすき焼きなどの肉料理を楽しみにし、ラジオ体操や散歩など身体を動かすことも日課にしている。

 小池氏が「おめでとうございます。いつまでも健康でいる秘訣(ひけつ)は」と尋ねると、西村さんは「若いころによく働いたこと。ここまで生きられてありがたい」と語った。

 都によると、今年度中に100歳を迎える都民は2755人で、昨年度より34人多いという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ