PR

地方 地方

新米パパの育児後押し 新発田市が「父子手帳」配布 新潟

Messenger

 「たくさん抱っこしてあげましょう」「トイレトレーニングは個人差が大きいので焦らずに」といった関わり方のポイントなどを、赤ちゃんの年齢別に分かりやすく紹介。妊娠初期から出産までのパートナーの支え方や、カップルが相手にそれぞれ伝えたいことを書き込み形式でやりとりできる欄も設けた。

 マタニティー教室では保健師が父子手帳の活用方法などを説明。妻とともに参加した同市の会社員、近藤勇希さん(24)は「妊娠中の妻や生まれてくる子供の体調が悪くなったときの対応が載っていれば、もっと助かる」と話していた。

 同課の清野直美係長は「父親が少しでも多く育児を手伝うことで、母親も楽しんで子育てができるようになる」と指摘し、手帳の利用を呼び掛けている。手帳は市役所2階の同課の窓口で入手できる。問い合わせは同課(電)0254・28・9211。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ