PR

地方 地方

韓国便フェリー、舞鶴港に 「訪日客増 狙う」 直行便開設へ試験運航

Messenger

 舞鶴市と韓国を結ぶ国際フェリーの試験運航が行われ、DBSクルーズフェリー(韓国)の運航する「イースタンドリーム」(全長140メートル、1万1478トン)が10日、京都舞鶴港第2埠頭(ふとう)に入港した。フェリーは12日まで停泊し、乗客約220人は観光ツアーに出発。府港湾局は「直行便の開設で府へのインバウンド(訪日外国人客)の増加、京都舞鶴港の需要増につなげたい」としている。

 DBS社は平成27年7月から、韓国の東海市、ロシアのウラジオストク、舞鶴市や境港市(鳥取県)をつなぐ貨客船を週1便運航。京都舞鶴港では貨物の取り扱いで29年に489TEU(20フィートコンテナの個数)、中古車3192台の実績がある。しかし、舞鶴港での停泊時間は午後9時~午前9時のため、乗客の乗降は行われておらず、乗客は境港市で乗降。同市で28年、53回の寄港で2万9143人が出入国した。

 府や舞鶴市などは国際フェリーの直行便開設を働きかけており、27年12月に試験運航が行われ、今回が2度目となる。

 フェリーは9日午後2時、韓国の東海市を出港。悪天候のため、約3時間遅れで、10日午後1時すぎに京都舞鶴港に入港した。乗客は観光バス7台に分乗して、宮津-伊根、京都-大阪-宮津、京都-奈良-神戸-大阪の3コースで、観光に繰り出した。フェリーには中古車や中古の農業機械が積み込まれ、輸出される。府港湾局は乗客にアンケートを実施し、直行便開設に向けた資料にする。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ