PR

地方 地方

女子大生の腹刺す 容疑で会社員逮捕 群馬

Messenger

 前橋市の大学4年生の女性(22)の腹を包丁で刺し、殺害しようとしたとして、前橋署は10日、殺人未遂の疑いで、高崎市金古町の会社員、武石敦志容疑者(24)を逮捕した。調べに対し、「やっていないのでよくわからない」と容疑を否認している。同署は2人の間にトラブルがあったかなど調べている。

 逮捕容疑は9日午後2時45分ごろ、前橋市内の路上に止めた自身の乗用車内で助手席に座っていた女性の腹を刃渡り約17センチの文化包丁で刺し、殺害しようとしたとしている。女性は車外へ逃げ出したが、全治5日の軽傷を負った。

 前橋署によると、女性は飲食店でアルバイトをしており、1月ごろ、客として訪れた武石容疑者と知り合ったという。

 2人はドライブ中で、武石容疑者は助手席のダッシュボードから包丁を取り出して、女性を刺したという。女性が9日午後9時半ごろ、前橋東署に「知人の男性に腹を少し刺された」と相談し、発覚した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ