PR

地方 地方

安全体制検証の新組織設置 有識者交えた委員会も 群馬県防災ヘリコプターの墜落事故受け

Messenger

 搭乗員9人全員が死亡した県防災ヘリコプター「はるな」の墜落事故を受け、県は10日、ヘリの安全管理体制を検証する新組織を同日付で設置したと発表した。航空専門家などの外部有識者を交えた委員会も今月中に立ち上げ、来年1月をめどに検証結果の報告書をまとめる方針だ。

 新組織は「防災航空体制検証・再建室」。消防保安課内に設置され、室長以下3人が所属する。会見した大沢正明知事は「亡くなられた方々の遺族が一日も早く安心した生活ができるよう支援を行う」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ