PR

地方 地方

【想う 8年目の被災地】9月 「届けたい」語りで、写真で

花が咲いたよ(佐藤美香さん提供)
Messenger

 □佐藤美香さん(43)、珠莉さん(11)

 ■「お姉ちゃん、楽しいことたくさんあったよ」

 夫の転勤で静岡県から石巻市に引っ越してきた。長女の愛梨ちゃんは日和幼稚園に入園。運動が好きで背はクラスで2番目に高く、活発な子。3つ違いの妹、珠莉(じゅり)さん(11)は対照的に引っ込み思案な子。

 「姉妹で性格がこんなに違うんだなって。動と静という感じですね」

 母の佐藤美香さんは話す。幼い珠莉さんはお母さんのまねをして、お姉ちゃんを「あいり、あいり」と呼んでいた。

 「お姉ちゃんと『柿の種』を食べてるとき、私はいつもピーナツばかりもらって食べていたな」

 珠莉さんは思い出す。

 平成23年3月11日。愛梨ちゃんはいつも通り、幼稚園に向かった。震災後、火災でこげ、横転した幼稚園バスの中で発見された。友達と抱き合うようにして息絶えていた。6歳だった。

 「この家の屋根がこれで、この電柱がこれ…」

 町歩きの語り部として活動する美香さんはバスの発見現場で、震災前後の写真を交互に見せて、語る。

 あの日、揺れに襲われた後、バスは園児を親元に返そうと園を出発した。

 「なんでバスは出発したのか。幼稚園にいれば無事だったんですよ」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ