PR

地方 地方

東京五輪へ意気込み十分 アジア大会自転車「金」の梶原選手が和光市訪問

Messenger

 ジャカルタ・アジア大会の自転車トラック女子オムニアムで金メダルを獲得した筑波大3年の梶原悠未選手(21)が5日、出身地である和光市の松本武洋市長を表敬訪問した。梶原選手は女子4キロチームパーシュートでも銅メダルを獲得しており、2個のメダルを持参した。

 松本市長は「メダルを取った瞬間から『いつ来てくれるかな』と思っていた」と笑顔で迎え、「(児童・生徒たちの)いい刺激になるので、ぜひ卒業した学校を訪問してほしい」と依頼。梶原選手も快諾した。

 梶原選手は「小さい体(身長155センチ)を生かして自分の得意とする展開に持っていけるように、技術や戦術を磨いていきたい」と2年後の2020東京五輪に向け、抱負を語った。市によると、和光市で生まれ育った選手が五輪に出場すれば、初の快挙という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ