PR

地方 地方

【学芸員ミュージアム談議】輸送に添乗、体力作り必須 茨城

Messenger

 いよいよ明日4日、展覧会は開幕を迎えます。同展には、ポーラ美術館の「顔」ともいうべき逸品、ルノワールの《レースの帽子の少女》も出品されています。ぜひ、長旅を経て茨城にやってきたかれんな少女に会いに来ていただきたいと思います。(県近代美術館主任学芸員 澤渡麻里)

                   

 県内の美術館や博物館で働く学芸員・館長らが仕事の裏側や展覧会に寄せる思いとエピソードをつづります。気さくな「ミュージアム談義」を折に触れて紹介します。

                   

 県近代美術館開館30年記念特別展「ポーラ美術館コレクション-モネ、ルノワールからピカソまで」は水戸市千波町の同美術館で4日から11月18日まで。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ