PR

地方 地方

【かながわ美の手帖】横浜美術館「モネ それからの100年」展

クロード・モネ「睡蓮」(1906年)=吉野石膏株式会社(山形美術館に寄託)
Messenger

 ■現代アートと併置、創作テーマを共有

 横浜美術館で初めて、クロード・モネをテーマとした大規模な展覧会が開催中だ。「モネ それからの100年」展。印象派の巨匠であるモネの初期から晩年までの絵画25点(うち日本初公開2点)が、後の世代の26作家による現代アート66点と併置されている。どちらも主役として据え、そのつながりを見定める斬新な企画だ。

 ◆刻印された先駆性

 モネ作品は初期、中期、後期の、それぞれの時期にモネが寄せた創作上の関心に沿う章立てにして、時系列で展示されている。長いキャリアの変遷をたどることができる。

 初期のモネは「色彩と筆触」、中期は「色の塗り重ねと、そこに現れる光のイリュージョン」、後期は「フレームから拡張していく画面」に関心を寄せていたと、同館主任学芸員の松永真太郎は概観する。

 初期は印象派運動を主導した1870年代をまたぐ時期。当初から色彩や筆触への「先駆的な」こだわりが見られるという。

 中期の1880~90年代は「積みわら」などの連作に取り組むが、一番描きたかったのは一瞬の大気のゆらぎ、光の移ろいだった。色を塗り重ね、画面が発光するような新しい絵画を模索した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ