PR

地方 地方

三好不動産グループが合志で保育園開設

「ぞうさんのはな保育園」の完成を祝い、玄関前でテープカットが行われた=8月28日、熊本県合志市
Messenger

 不動産賃貸大手、三好不動産グループが、企業主導型保育事業に乗り出した。熊本県合志市では1日、「ぞうさんのはな保育園」が開園した。近隣で運営するサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)と連携し、共生を図る。

 三好不動産の関連会社、サンコーライフサポート(福岡市中央区)が運営する。同社は福岡都市圏などで有料老人ホームなどを手がけるが、待機児童対策の一環として、保育事業に参入した。

 保育園は、企業が従業員のために事業所内に保育施設を設置する際、一定要件を満たせば国から運営費や整備費の助成を受けられる制度を活用して完成した。

 鉄骨平屋建て約570平方メートルで、定員は0~5歳児の60人。関連会社や提携企業6社の従業員らの利用が優先的だが、周囲の子供たちも受け入れる。同社は近隣でサ高住「スリーマイル秋桜」を運営している。今後、近隣の農園を高齢者や子供たちの食育の場として活用したり、保育園の図書室や相談室を開放するなどし、一体的な運用を進める。

 8月28日の開園式で、サンコー社の橋本一郎社長は「幼児と高齢者とが共生し、古き良き日本の交流を、子育てに取り入れる新しい形の保育園として育て、まちづくりにも貢献したい」と抱負を語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ