PR

地方 地方

三条市の新国際交流員にカナダのショーン氏 知名度向上に意欲

Messenger

 三条市の新しい国際交流員に就いたカナダ人のショーン・ワンさん(28)がこのほど、同市役所に国定勇人市長を訪ね、市の知名度向上への貢献に意欲を見せた。

 オンタリオ州出身のショーンさんは中国・河北省生まれで、小学生時代に神戸で2年間過ごした。離日後も大学やテレビアニメなどで日本語を勉強。カナダでは通訳をしていたという。

 国定市長は「期待しているので頑張ってほしい」と激励。ショーンさんは「カナダでの安定した生活ではモチベーションが下がる気がして、進むべき道を他の国で考えたかった」と、交流員の活動を希望した理由を説明。「まずは市内を歩き回って三条のことを知りたい」と話した。

 任期は3年。市の広報誌に記事を連載し、地元のラジオ番組にも出演するほか、幼稚園や小、中学校でカナダの文化を紹介するなど交流促進に務める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ