PR

地方 地方

35度以上、屋外活動せず 戸田市、公立小中で熱中症対策

Messenger

 戸田市は夏休み後に適用する市内の公立小中学校の熱中症予防に関する活動方針をまとめた。気温35度以上の時間帯は屋外や、体育館など冷房が稼働していない場所での活動は実施しないことを盛り込んだ。35度未満でも湿度や日差しなどに十分な対策を講じるとした。

 市は7月、夏休み中は小学校でプール活動を取りやめ、最高気温35度以上が予想される猛暑日は、小中学校での屋外活動を禁止する活動方針を打ち出した。今後も例年以上の暑さが予想されることから、夏休み後に適用する新たな活動方針を定めた。

 市によると、夏休み中に市内の小中学校で熱中症の疑いで救急搬送されたケースはなかったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ