産経ニュース

ドラム缶破裂、作業の男性重体 群馬

地方 地方

記事詳細

更新


ドラム缶破裂、作業の男性重体 群馬

 28日午後1時50分ごろ、長野原町応桑の「重田商事」の作業場で、従業員の土屋賢次さん(68)=嬬恋村芦生田=が切断作業をしていたドラム缶が破裂。顔と胸をやけどして重体となった。

 長野原署によると、同社は産業廃棄物の処理や建物の解体工事などを行う業者で、土屋さんは午前9時ごろから作業をしていた。

 現場にいた同僚の男性(65)は「破裂音がした後に炎が上がって、土屋さんの服が燃えていた」と話しているといい、同署はドラム缶の中に揮発性物質が入っていたとみて詳しい原因を調べる。