PR

地方 地方

サッカー・乾選手、故郷へナイスゴール 近江八幡市に100万円寄付

Messenger

 近江八幡市は28日、今年開かれたサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で2ゴールの活躍をみせた同市土田町出身の乾貴士選手(30)=スペイン1部リーグ・ベティスから100万円の寄付があったと発表した。市内中学校2校のサッカーゴール新調費にあてるという。

 市によると、寄付は先月、家族を通して届けられた。寄付金の使い道に関し乾選手は特に意思表示をしていなかったというが、寄付金の入った封筒には「子供たちへ」と書かれていたという。市は協議の結果、子供たちのスポーツ振興に活用することにした。

 サビなどが付着し老朽化が目立っていた八幡中(同市市井町)と八幡東中(同市上田町)のサッカーゴール購入費にあてる。ゴールポストに記念プレートを付けるなど、乾選手からの寄付と分かるようにすることを検討しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ