PR

地方 地方

来て!観て!復興支援に 広島県、観光アクセスサイト開設

Messenger

 西日本豪雨の被災地への観光を呼びかけるウェブサイト「行ける!広島県」を、県が開設した。被災した観光地9地点について、県観光課の職員が実際に現地を訪れてアクセス状況を調査し、情報を発信する。

 9地点は、宮島(廿日市市)▽呉▽西条(東広島市)▽竹原▽三原▽尾道▽鞆の浦(福山市)▽三段峡(安芸太田町)▽帝釈峡(庄原市)。

 県によると、観光客から問い合わせを受けた観光地に加え、県内の主要な名所も紹介。公共交通機関のアクセス状況などを随時更新していく。

 サイトは、電車やバス、フェリーなどのルートのほか、それぞれの運行状況も合わせて実際に訪れた写真とともに紹介。「代行バスでスムーズに行けました」「災害の影響もなくスムーズに移動できました」などのコメントも添える。

 担当者は「観光に来ていただけるだけで復興支援になる。行けるかどうかサイトで確認し、ぜひ訪れてほしい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ