PR

地方 地方

水中に揚げたてエビ天!? 新種テンプライソギンチャクでした 鳥羽水族館で展示中

Messenger

 鳥羽水族館は27日、新種のテンプライソギンチャクの展示を始めた。スポンジのような生物、カイメンにくるまれて生息する珍しい種で、エビの天ぷらのような姿から東大の研究グループが命名し、今年4月に新種として認められた。

 展示されたのは、同市菅島の磯で名古屋大臨海実験所の協力で採集した約300個体。それぞれの体長は3~4ミリメートル。テンプライソギンチャクは平成18年に神奈川県三浦市の磯で発見され、その後、新潟県の佐渡島や鳥羽市内でも生息が確認された。25年に同館で名前も種類も分からない「謎のイソギンチャク」として展示したこともある。

 カイメンと共生するイソギンチャクは、ほかに深海に生息する1種類しかいないという。同水族館では「飼育を通じて謎の多い生態解明が進むことを期待している」という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ