PR

地方 地方

物置にミイラ化遺体 窃盗容疑者の自宅、弟か 群馬

Messenger

 大泉署は27日、窃盗の疑いで逮捕した男(61)=邑楽町中野=の自宅を家宅捜索中に物置でミイラ化した遺体を発見したと発表した。年齢、性別は不明だが、死後数カ月以上経過しているとみられる。男と同居し、連絡が取れていない弟(59)とみて死因や身元特定を急ぎ、死体遺棄の疑いでも調べる。

 調べに対し、男は「家で弟が死んでいたので物置に移した」と供述。司法解剖は28日に行われる予定だ。

 遺体は27日午前10時5分ごろ、発見された。身長は158センチぐらいで、ベージュのセーターを着用し、下半身は何も着ていなかった。物置は母屋西側に併設され、広さは約30平方メートル。

 男は17日、邑楽町内の畑からスイカを盗んだとして逮捕、拘留されていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ