PR

地方 地方

絶滅危機動植物の現状紹介 栃木県立博物館「レッドデータブック」展

Messenger

 今年3月、13年ぶりに改訂、発行された「レッドデータブックとちぎ」に掲載された県内の貴重な動植物を紹介する企画展「レッドデータブックとちぎ2018」が県立博物館(宇都宮市睦町)で開かれている。10月8日まで。かつては身近だった動植物が環境の変化で数が減り、絶滅の危機にある現状を紹介。自然環境、生態系について考える貴重な機会となっている。

 「レッドデータブックとちぎ」には、絶滅危惧種1025種を含め1536種の動植物について掲載。平成17年の初版から324種が追加され、70種が外された。外来種オオオナモミの繁殖で県内では見られなくなり、「絶滅」と判定されたオナモミや、ドジョウのようにかつては身近だった動植物の掲載も目立つ。一方でニホンアナグマのように回復傾向にあるとしてレッドデータブックから外された種もある。

 企画展では、標本など約200点を展示。希少動植物を人里や森林などの生息環境に分けて解説する。明治19(1886)年に日光・大谷川で捕獲されたカワウソの貴重な標本(福島大所蔵)も展示。ニホンカワウソは、北海道から九州まで広く生息する身近な動物だったが、乱獲や開発による生息環境の変化で激減。昭和50年代以降、目撃情報はなく、環境省は平成24年のレッドリスト改訂で絶滅種に指定した。

 県内で進められている貴重な自然を保全するための取り組みも紹介。同館の林光武自然課長は「動植物の生息状況で県内の環境が分かる。生き物の多様性が守られることが重要だ」と指摘している。

 また、エントランスホールではトピック展示「外来種クビアカツヤカミキリ」を開催。佐野市や足利市でモモ、スモモ園の果樹、桜の被害が確認され、大きな脅威となっているクビアカツヤカミキリの特徴や対策を解説している。

 月曜休館(祝日は開館し翌日休館)。問い合わせは同館(電)028・634・1311。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ